スカーフツルギビートダウン【S12最終2103】

f:id:arle102:20181106083103p:plain

コンセプト

・削りを入れてスカーフカミツルギで制圧する

・選出誘導でカミツルギを通しやすくする

 

構築経緯

スカーフカミツルギはスカーフ枠でありながら突破力と対ミミッキュ性能を持っており、アタッカーとして優秀なのでカミツルギを軸に構築を組み始めた。アグレッシブな構築を組みたかったので、削り枠としてミミッキュカバルドンを採用し、ツルギと相性の良いアタッカーとしてバシャとコケコを採用。最後に補完としてポリゴン2を採用した。

 

個別解説

メガバシャーモf:id:arle102:20181106081537p:plain

性格:意地っ張り 

実数値:167(92)‐232(244)-102(12)-x-103(20)-138(140)

技:フレアドライブじしんつるぎのまい・まもる

♢S+1で最速135族抜き

カミツルギが鋼で止まってしまうので、炎タイプのメガ枠として採用した。

また、カプ・レヒレギャラドスなどの選出を誘導する役割も持つ。

地震は剣の舞と合わせてドヒドイデを見れたり、アーゴヨンやバシャへの打点となる。

 

カプ・コケコf:id:arle102:20181106112919p:plain

性格:おくびょう 持ち物:電気Z

実数値:145‐x-105-147(252)-95-200(252)

技:10万ボルト・めざめるパワー氷・ボルトチェンジ・瞑想

・電気枠。地面の選出誘導と数値受けを崩す役割として採用。瞑想持ちではあるが、電気の一貫がある構築に対してはボルトチェンジで削っていくこともできる。

 

カミツルギf:id:arle102:20181106081607p:plain

性格:いじっぱり 持ち物:こだわりスカーフ

実数値:135(4)-256(252)-151-x-51-161(252)

技:リーフブレード・スマートホーン・八つ当たり・叩き落とす

・今回の軸であり、このポケモンをいかに通すかを考えて選出をする。ビーストブーストが発動するように立ち回る。

 

ミミッキュf:id:arle102:20181106081656p:plain

性格:ようき 持ち物:ミミッキュZ

実数値:131(4)‐142(252)-100-x-125-162(252)

技:じゃれつく・呪い・痛み分け・身代わり

・削り枠として採用。初手に出し、有利対面だろうと呪いを打ちひたすら相手を削る。ストッパーとしても使うことができる。

 

カバルドンf:id:arle102:20181106081627p:plain

性格:わんぱく 持ち物:ゴツゴツメット

実数値:215(252)-132-187(252)-x-93(4)-67

技:じしん・ステルスロック・あくび・ふきとばし

・電気無効枠。ステロ、砂、ゴツメによるダメージの蓄積が主な役割。物理受けとしての採用ではないので怠けるを切っている。

 

ポリゴン2f:id:arle102:20181106081820p:plain

性格:控えめ 持ち物:しんかのきせき

実数値:191(244)-x-117(52)-138(4)-128(100)-94(108)

技:冷凍ビーム・シャドーボール・身代わり・じこさいせい

♢特化テテフのフィールドサイコキネシス2耐え

♢よくいる毒みがガルド抜き

・上記5体では対応できないカバマンダガルドに対するメタとして採用。

また、カバと並べることで受け回しにも見えるため、スカーフゲッコウガなどを呼びにくいという利点もある。

 

 

選出・立ち回り

f:id:arle102:20181106081656p:plainf:id:arle102:20181106081607p:plainf:id:arle102:20181106081627p:plain

ミミッキュで削り、カミツルギを通す。カバはツルギからの交代先であり、こだわり解除と削りを同時にこなすことができる。

 

f:id:arle102:20181106081656p:plainf:id:arle102:20181106081607p:plain+(f:id:arle102:20181106081537p:plainorf:id:arle102:20181106112919p:plain)

・攻めが続きそうな相手への選出。

 〇相手の選出は、1.コケコを受ける地面 2.カババシャに強い水 3.カミツルギに強いポケモン(グロスやマンダなど)、の3体であることが多いので、相手の3体目を上手く削ってツルギを通すのが理想。

結果

f:id:arle102:20181106133229j:plain

 

自分らしいアグレッシブな構築を組むことができ、対戦も楽しめた。構築として地面の一貫があるのはあまり好ましくないが、受けに回らないのでさほど気にならなかった。